健康に良い歩き方

健康に良い歩き方について

健康に良いウォーキング

健康な体づくりのためには運動が必要不可欠です。その中でもとくにおすすめなのが有酸素運動であるウォーキングです。体内に酸素を取り入れながら長時間体を動かし続けることで脂肪燃焼効果が期待できますし、下半身の筋力アップや代謝アップにも役立てることができます。効果的な歩き方としては、歩幅を広めに腕を大きく振って全身を使う感覚で行うのがよいでしょう。脂肪が燃焼し始めるのが歩き始めてから20分が経過した頃からなので、最低でも20分以上は歩き続けることが大切です。脂肪燃焼効果をさらに高めるためにはアミノ酸の摂取がおすすめです。運動をする30分前くらいに摂取しておきましょう。ウォーキングを生活の中に取り入れて健康な体づくりに努めていきましょう。

ウォーキングでの健康的な歩き方

ウォーキングを健康に役立てるための、歩き方のポイントは、まずは姿勢です。顎を引き、背筋を伸ばします。コツは常に10メートルくらい先の地面を見ることです。これにより、自然と正しい姿勢を保つことが出来ます。腕は、肘を曲げたままにして、肩から動かします。膝はなるべく曲げずに、足はかかとから着地します。重要なのは腰の位置。腰がなるべく上下しないように心がけましょう。腹筋や背筋といった体の大きな部位の筋肉を使って歩くのがポイントです。歩くペースですが、体に適度な負担のかかる「速歩き」が基本です。健康のために、適度なペースでウォーキングを楽しみましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ウォーキングの魅力とは All rights reserved